2012 手帳

新しい手帳に住所録など写し直しました

古い手帳にはさんで 取っておいた新聞記事を読んで

ハッ と思ったことがありました

5,6年前の随筆と思います

歴史家の立川昭二氏が(私はまったく知らないのですが)

「月光菩薩」 と題して書かれた文章の中に

「このところの殺伐をした世相を見るにつけ、高度成長で捨ててきた

「かそけき」とか「ほのか」、「哀愁」とか「郷愁」という情感を、

日本人はもう一度取り戻すべきなのかもしれない・・・」

と文章を結んでありました

昨年の大きな悲劇を予感していたような文章でした

原点に戻って 驕りなく 毎日をすごしたい!

 

 

カテゴリー: 植田印判ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です